RukiもiPhoneデビュー【iPhone SE】を買って良かった点・いまいちな点

iPhone SE

私Rukiもめでたく(?)iPhoneデビューしました。「SDカード使えないし、どうせiPhoneなんて使いずらいだろ…」と食わず嫌いな感じでしたが、その考えは一新されました。今、自分の中でiPhone旋風が巻き起こっています。

Android端末をメイン機として4年以上使い続けていて、サブでワイモバイルのガラケーをウィルコム時代から8年以上使い続けていました。今回はそのサブで使っていたガラケーをiPhone SEに機種変!ワイモバイルの店員さんも「ものすごい懐かしい料金体系だ」と驚いていました(笑)

iPhone SEを購入した理由

ワイモバイルのガラケーには月々3000円の料金を払っていました。iPhone SEにすると、通話がかけ放題・通信料最大6GB・本体料金分割の賦払契約で月々4500円程度と差額1500円しか変わらないのでお得。ということで、まず興味を持ちました。

ワイモバイルのiPhoneはSEのみだったので、ほかのiPhoneの機種の選択肢はありませんでした。大きさも「iPhone5/5Sと同じだし特に不便はないんじゃない?」と思い購入に王手。

その他ウィークポイントを調べましたが、iPhone 6s/6s plusから搭載されたという3D Touch機能が使えない件に関しても、そもそもiPhoneユーザーじゃないし特に問題ないと判断しました。液晶が暗い点ですが、暗いくらいがちょうどいいのでこれもOKでした。Androidではわざわざ暗く設定してたし(笑)

iPhone SEを買って良かった点

iPhone SE

iPhone SE

来ました!SEから新たに追加されたローズゴールド。上品な色です。無駄のない作りですね。

Android4.2.2を使っていたからというのもありますが、ここ最近使えない(インストールすら出来ない)アプリが増えていたのです。それも、一気に出来るようになりましたね(笑)

例えば、配信系アプリでSNOWのように顔に加工を入れながら放送できる類のもの。あと、自撮り系アプリの肌の補正力ってこんなすごかったっけ?と思いました。iPhoneに変えて気付いたのですが、Androidでインストール出来て一見普通に使えてると思っていたものが、実は正常に動作していなかったのです。

Twitterの中にあるフィルターも今まで反映されなかったのが、iPhoneだと反映されるようになって「こういうことだよね、やっぱり」と納得。

インカメはやはり綺麗です。4K動画も撮れるし。カメラや写真に興味があるRukiとして一番感動したのは、今まで使っていたSOL22と比較すると被写体の背景のボケ感が出せているのではないか!というところです。写真を撮るのが楽しくなります。Live Photoも結構癖になりそう。



iPhone SEのいまいちな点

入力した文字を戻って修正したい場合、タップでカーソルを合わせるのですがピンポイントで合わない!これは本当に不便です。インスタを更新中に文章を修正しようとするとき、カーソルがあまりにも合わないので、その部分までバックスペースで消して書き直すというものすごい手間をかけてました。

これは「サブ機だから…」と許せたのですが、メイン機だったら液晶の大きなものを選びますね。ちなみに以下のサイトによると、iPhone 6/6 Plusはデフォルトの英語キーボードでカーソルキーが使えます。が、SEではカーソルキーがありませんでした。(※iPhone SEは6 Plusと同時期の発売)

iPhoneのキーボードでカーソルを移動させる3つの方法 | アプリオ

カーソルキー解決方法

文字が修正しづらい問題についてはカーソルキー付きのキーボードアプリをインストールすることで見事解決しました(*´ω`*)

flickでカーソルキーを使う

その名も「flick」。カーソルキーが表示されてますね♪

flickのインストール(IOS版)

まとめ

  • メイン機でiPhone検討の方、SEか大きな液晶の機種かよく吟味して
  • SEの入力のし辛さは「flick(キーボード)」で解決!
  • SEの液晶の暗さは全く気にならないレベル

iPhone購入の際のヒントになれば幸いです(´▽`*)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP